実店舗「キレイになれるコスメカフェ Family Salt」を

オープンさせる一か月前まで、

私は国内最大手の化粧品メーカーの美容部員をしていました。


化粧品が大好きで入った憧れの会社でした。



仕事は正直キツイ面も多々ありましたが、

それ以上にお客さまをキレイにして、

そのことでお客さまから

「ありがとう」

と言って頂けることが本当にうれしかったのです。




入社8年目ぐらいのある春先、

私の瞼はお岩さんのように腫れ上がりました。



とてもじゃないけど、お化粧をできる顔ではなく、

しばらくの間仕事を休むことに…



瞼が腫れ上がった原因は血液検査でも判らず、

判らないから「黄砂」ではないかという結論になりました。

*「黄砂」はタンパク質でないため、

医学上は「アレルゲン」にはならない物質のため、

  アレルギー検査では結果がでません。

また医学上「黄砂アレルギー」という言葉はありません。





化粧品は原因ではありませんでしたが、

私の肌はそれ以来、多くの化粧品が使えない状態となりました。

その当時、勤めていたメーカーの化粧品で使えたのは温泉水のスプレーのみ。

その温泉水ブランドの他の化粧水や美容液、

クリームも全て肌にしみて使えませんでした。




ずっと使えていたものが、ある日急に使えなくなる。

そのことを身をもって知ったのでした。




顔が落ち着いて、職場復帰しても、

相変わらず、使えない商品のほうが多いという現実。




お客さまには

「この新製品の美容液、良いですよ」

と、言って販売している自分はそれが使えない…

そのことは今まで「この仕事が天職」と思うほど

好きな仕事だったからこそ、とてもつらかったのです。






美容部員として10年も務めたら知識も技術もベテランの域です。

どうせなら、その美容知識とお手入れやメイクのスキルを、

化粧品のことでもっと困ってる人のために使えたら…




そうすれば、もっと

「アナタのおかげでキレイになったわ、ありがとう」

と、言って頂けるのでは?





だから、決心しました。




私が心から「これ、いいよ」と思えるものを、

自信を持ってオススメして、お客さまをキレイにしたい!!

そう一念発起して、開業したのが

「キレイになれるコスメカフェ Family Salt」です。






取扱い化粧品は全て私が試したうえで、

自信を持ってオススメできるものだけを集めた

「コスメのセレクトショップ」としてスタートしました。






開業6周年の時に、ご縁があって

オリジナルコスメを開発できることになりました。




私はずっと「化粧品屋のねえちゃん」のつもりでしたが、

まさか自分でオリジナルコスメを開発することになるなんてっ?!

いまだに自分でも時々ビックリするんですよ。




でもね、自分が本当に100%の自信を持って

オススメできるものって、結局自分が作らないと無いんですよ。

自分が売りたくても、小さな個人店では取り扱えない商品もありました。

ウチの店では売れてたけど、全国的にはそんなに人気がなかったのか、

廃盤になった商品もありました。





私は自分自身が敏感肌で、

ある日急に前日まで普通に使えていたコスメが

使えなくなるということを身をもって体験しました。





私は1化粧品ユーザーであり、販売者でありながら、開発者です。





今まで、美容部員時代も

「こういうのが欲しいのに、会社は判ってないよねぇ…」

なんてことがありました。




それって、多分、化粧品にかかわらず

どの業界でもあることじゃないでしょうか?


その、現場と製作側の溝、

実際に使用するユーザーとメーカー側の溝。

それをなくして、実際に使用するユーザー目線で、

自分が欲しいものだけを作っています。




今はまだアイテム数も少ない【ファミソル】ですが、

これからどんどん増やしていけたらと思っています。